WiMAX Aterm WM3800Rに変えました。

WM3800R外箱WiMAXも使い始めて2年経ちました。ようやく2年間の縛りから解放されました。biglobeのWiMAXでしたが2年縛り前提でキャッシュバックがあったので実質の月額料金は安くなったので満足でした。iphone5にしてテザリングとも考えたのですが、今は色々と制限があります。4G LTEの受信75Mbpsは魅力的なのですが、データ量が7GBを超えた場合、当月末まで通信速度が送受信時最大128kbpsになります。というのが困ります。7GBなんてipadで映画とか見てたらすぐにいっちゃいます。よってしばらくはwimaxも契約します。この縛りがなくなれば文句なしでテザリングへ移行ですね。


特に新端末のNEC Aterm WM3800Rはかなり進化しています。
まず小さくなった。
スリープモードから約6秒で復帰して通信可能になるのはいいですね。今では起動時間が億劫で端末の電源は常時ONでしたがこれならバッテリーのロスを飛躍的に抑制できます。


biglobe限定カラー インディゴ

WM3800R
他の2年縛りに移ってタブレット端末とか貰おうかな?とか思いましたが、やめました。とりあえずbiglobeで最新端末Aterm WM3800Rが貰えるのでFlat 年間パスポートで契約を更改しました。色はbiglobe限定カラーのインディゴです。biglobeユーザーってことがバレバレですね。

本家UQ-WiMAXにするか?

一瞬、本家のUQ-WiMAXに乗り換えようかな?と思いました。理由はUQ-WiMAXだと新幹線の社内は追加料金は不要ですが、biglobe WiMAXは定額制プラン 525円/月か従量制プラン 8.4円/分に別途入らなくてはなりません。でもよくよく考えてみると、新幹線の車内ではノートPCで仕事をしていることが多く、それにはCDMAの専用端末が割り当てられているので不自由なくネットに接続できるわけですね。何か情報を見たければiponeの3G使えばいいわけです。そしてUQ-WiMAXに乗り換えても特別価格になるだけで端末がタダにならないのでそのままbiglobe WiMAX継続にしました。

クレードルも買いました

WM3800Rクレイドル
充電のたびにいちいちUSBポートに接続するのも面倒なのでクレードルも買いました。

クレードルのLANポート

クレードルのLANポートクレードルは出張中のホテルで便利です。ほとんどのビズネスホテルはLANを完備しています。クレードルがあればAterm WM3800Rが無線のアクセスポイントになってくれます。もちろんAterm WM3800RのWimaxでデスクトップのパソコンから有線LANで接続することも出来ます。

モバイルバッテリーにもなる

WM3800RモバイルバッテリーWM3800Rはモバイルバッテリーにもなります。普段からモバイルバッテリーを持ち歩いている私にはあまり魅力的な機能ではありませんが、緊急時にはいいかも知れませんね。


WM3800Rモバイルバッテリー
このようにしっかりと充電してくれます。

“WiMAX Aterm WM3800Rに変えました。” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です