wimax WM3800Rはバッテリーの持ちもそこそこ良い。

WM3800R


Biglobe WiMAX(UQ-WiMAX)の契約更新のために機器をNEC Aterm WM3800Rに変更しました。
長持ちしたらいいな!と思っていたバッテリー駆動時間ですが、まぁスペック通りです。

仕事や出張にもWM3800Rを連れて行きますが、WM3800Rは休止状態から約6秒間程で通信が出来るようになることです。
休止状態であればバッテリの消費もかなり少ないので、通信が必要な時に休止状態から復帰すると言うことがストレスになりません。

1日十分使えました。

こまめに使う時だけ復帰してこまめに休止状態にしていればほとんど1日持ちますね。もちろん丸1日連続で通信していたら無理ですが、必要な時に休止状態から復帰、終わればパワーボタン長押しで休止状態へを繰り返しています。
復帰が早いのでストレスになりません。前の機種WM3500Rは起動時間が果てしなく長くてかつ休止状態と言うモードがありませんでした。WM3800Rに変えてここは快適になりました。

スマホ用ソフトが

スマホのアプリで電波の状態やバッテリーの残量、休止状態への移行、休止状態からの復帰が出来るのでスマホから操作が出来てかなり便利なのですが、iphone用やipad用のアプリからは休止状態への移行は出来ますが休止状態からの復帰がアプリから出来ないのです。ちなみにAndroid用のアプリは対応しています。iphone持ちの私としてはここがかなり不満です。

モバイルバッテリー

ただいくら休止モードがあるとは言え連続通信でハードに使っていたらそこそこバッテリーの消耗は激しいです。5時間くらいで3%になってしまったこともあります。念のためにモバイルバッテリーは必要でしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です